スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

350. アウグスト・モンテロッソ 不屈のニンギョ

モンテロッソ(1921-2003)は、ホンジュラス生まれのグアテマラ人。1944年に政治亡命し、以降はメキシコに住み小説を書いた。その作品の特徴は、簡潔で短い、ということ。『恐竜』(1959)は、世界一短い短編としてよく引用される。主に、人間のさまざまな面を動物に託すという形で、独特の寓話を書いた。

ユリシーズが船を止めて降りて来ました。
その顔つきは、幾多の航海を経験して、前よりももっと自信に満ちたものになっていました。
そしてニンギョの手を握ると、ひとりで歌うその声にじっと耳を傾け始めました。
しばらくそうしていたユリシーズは、それで一応の礼儀を示したつもりだったのでしょうか。
   もういいだろう。
そう、心の中で呟くと、おもむろにニンギョを抱き寄せました。
実にたくみな手つきでした。
(服部綾乃、石川隆介訳)



「不屈のニンギョ」は、第二作品集『黒い羊』(1969)に所収。モンテロッソにしては、少し長い作品である。だいたい1頁くらいはある。・・・登場するのは、ずる賢いユリシーズと、彼を待ちこがれて歌いつづけるニンギョ。美しくも哀しくもなく、それでも立派な作品として仕上がっている。”ニンギョ”譚としては、フレドリック・ブラウンの「人魚物語」(1961)と並ぶ、隠れた名作だと思う。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。