43.R・ラープチャルーンサップ プリシラ

「プリシラ」(2005)、デビュー短編集 『観光』 に収録の一篇。
少年と少女の物語である。物語の舞台はタイ、少年は地元、バンコック育ち、少女はカンボジア人の難民である。

四月のある日の午後、ドンとぼくは未完成のプールで必死になって自転車の技を磨いていた。ぼくはプールの浅いところで水着の汚れを拭っていて、ドンは飛び込み台から自転車ごと飛び降りようとしていた。これはすごい技になる、とぼくらは思った。女の子を夢中にさせる技だ。ぼくらが飛び込み台から颯爽と飛び降り、深みに落ちていくのを見た女の子たちは全員、恍惚となって跪き、ぼくらとイカした踊りを踊りたいと懇願するに間違いない。(中略)
その日の午後、ドンが飛び込み台から半分ほど身を乗り出したとき、カンボジア人プリシラがどこからともなくプールサイドに現れた。悪霊のように「うわーーい」という奇声を上げた。ドンはプリシラを見て躊躇い、飛び込みの鍵となる速度を失い、飛び込み台の端から転落した。恐ろしい音がした。犬が車に轢かれたような音だった。自転車がガッチャンガッチャンという音を立てていたにもかかわらず、プールの底に打ち付けられたドンの鋭い悲鳴が聞こえたからだ。プリシラは指差して笑った。そのときぼくは初めてプリシラの歯が金色に煌いているのを目にしたのだ。(古屋美登里訳)


タイ出身の作家である。流行りの、「英語で作品を書くアジア人作家の一人」なんて気持ちで読みだしたのだが。そんな緩いものではなかった。『観光』は、とても素晴らしい短編集だと思う。
全てタイ人の少年、または青年の物語である。視点が柔らかくセンシブルである。短いけれども、優しくて哀しくて少しこころに沁みる短篇ばかりである。おまけに、自転車も印象的に描かれていて、言うことがない。
関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク