スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

376. グスタポ・サインス ガサポ


サインス(1940~)は、メキシコシティ生まれの作家。19歳から6年をかけて「ガサポ(仔ウサギ)」(1965)を書いた。権威主義的な大人の世界への反抗や反体制的な生き方をリアルに表現して青春文学の先駆けとなった。メキシコでは、同世代のホセ・アグスティンらとともに、<オンダ>(60年代に高校生だった世代の作家たちによってとらえられた若者の生態を描いた作品群)の代表的作家という位置付けがなされているという。

おれたちは朝の三時まで、ラフラグアにあるサンホルンスでねばっていたんだ、とブルボが言う。彼が店に入ったのは十時で、あそこにいるあいだ、フィゲノムはサングラスをかけっぱなしだったし、バルヒリは最初に注文したミックス・ジュースを最後まで飲み残していた。ハコボは空のグラスを見つめ、ときどき思いだしたように右手でグラスの縁を押さえると、くるくる回して止めた。そのあと、指先でリズムを取りながら、テーブルを叩き始めた。
(平田渡訳)



・・・引用は、この小説の冒頭の部分である。まさに60年代の高校生の雰囲気!である。これがそのまま60年代の日本のトーキョーの場面だったとしても驚かないと思う。そんな感じ。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。