スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.J・D・サリンジャー シーモア-序章-

十代の頃、ぼくにも人並みの悩みがあった。グラース家の人に相談してみようと訪ねてみたのだが。その日は、レスとベシーだけで子どもたちはみな不在だというので帰って来た。次の日、玄関をノックすると、フラニーとゾーイーが出てきた。二人だけだという。すこし考えたが、出直すことにした。その頃、ブーブーはもう嫁いでいたし、双子も家を出て暮らしていたんだと思う。

1922年のこと、シーモアが5才、わたしが3才のとき、レスとベシーはブリスベーンで、ジョー・ジャクソン  ニッケル張りの曲乗り自転車のかの敬愛すべきジョー・ジャクソンで、その自転車はなにかプラチナ以上のもののようにまさに劇場の最後列まで輝いていたものであった  と組んで、二週間ほど同じ番組を上演したことがある。それから長い年月が過ぎ、第二次世界大戦が始まってすぐ、シーモアとわたしがニューヨークのわたしたち自身のアパートに引っ越したばかりの頃、父がある晩ピノクルの帰り途にわたしたちのところへ立ち寄ったことがある。(中略)
(レスは)わが家ではだれもが見なれているぶっきらぼうな態度で振り向くと、シーモアに、ジョー・ジャクソンが、彼・シーモアを自転車のハンドルの上に乗せて、舞台をぐるぐる回ったときのことを覚えているかとたずねた。(中略)
(シーモアは)いつもレスの質問に答えるときに見せる一種独特のやり方で、まるでそれが、一生の間で一番待ちうけていた質問であるかのように返事した。彼はジョー・ジャクソンの美しい自転車から降りたかどうかはっきりしないと言った。(井上謙治 訳)


さらに次の日、玄関からは、シーモアが出てきた。思わず、バディはいますか?と言ってしまった。バディは、親切にぼくの話をきいてくれて、帰る際には本をプレゼントしてくれた。でも、やっぱりシーモアと話がしたかったな。

関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。