スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

396. D・H・ロレンス 馬に乗って去った女

ロレンス(1885-1930) もまたメキシコとの関わりが深い作家のひとりである。長編「翼ある蛇」(1926)のように、メキシコ滞在時の経験を基に書かれた作品が幾つかある。「馬に乗って去った女」(1924)も、そうした作品のひとつである。邦訳は、『D・H・ロレンス短篇全集、第4巻』(大阪教育図書)に収録されている。

彼女は、この結婚こそ冒険になるだろうと考えた。それは相手の男が彼女にとって謎めいていたからというのではなかった。彼女より二十歳年上の相手は、小柄で針金のように頑丈で、ひねくれた男で、目は鳶色、髪は灰色だった。その昔、まだ幼いころにオランダからアメリカに不良然と渡ってきたのだった。その後、西部の金鉱からはじき出されて南のメキシコへ下り、今ではシェラマドン山脈の荒地にいくつかの銀山を所有し、かなりの金持になっていた。彼女が考えた冒険とは彼の人柄よりもその境遇にあったことは明白だった。多くの試練をくぐり抜けてきた彼は今でもエネルギーに満ちた小さな発電機(ダイナモ)だった。成し遂げた事を彼はすべて独力でやってきたのであり、いわば説明不能な質の人間だった。
(倉田雅美訳)



しかし、物語は、ここから大きく転換していくことになる。主人公のアメリカ人の女性は、ある日、突然、家を飛び出して、先住民の住む村に向かう。
・・・それはなぜか、ということについてロレンスはあまり書いていない。そうではなくて、そのあとの彼女の姿を描いていくことに集中している。異教の神や、土着の文化に直面した時の人間の姿を執拗に描いているように見える。 



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。