スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

400. カルロス・フェンテス アウラ

「アウラ」(1962)は、フェンテスの初期の中篇。
生と死、光と闇、鏡と時間の中の世界、そんな迷宮に迷い込んだ男の姿を、みごとに描いていて、こころが惑わされる。この幻想譚は、17世紀のスペインの詩人ケベードの作品と、上田秋成/溝口健二の雨月物語に影響されて書かれたものだという。

君は広告に目を止める。こんないい話はめったにあるもんじゃない。君は何度も広告に目を通す。他の誰でもない、君自 身のためにあるような広告だ。薄汚れ、しけたカフェテリーアに腰をおろし、ぼんやり物思いに耽りながら、今まで飲んでいた紅茶のカップにタバコの灰を落と す。君はもう一度読み返すだろう。「若い歴史家求む。細心周到で几帳面、フランス語の知識要。会話が堪能で秘書の仕事がこなせる人。若くてフランス語の知 識があり、フランスで暮らした経験のある人。月三千ペソ、食事付。日当たりがよく勉学に適した快適な寝室有」あとはここに君の名前を書き込むだけだ。・・・
(木村榮一訳)



・・・男は、この求人に応じて、ある館を訪ねる。そこから「アウラ」の物語は始まるのである。
なんど読んでもこころを揺さぶられる作品。粒ぞろいのフェンテスの作品の中でも、大好きな作品だ。「メキシコ篇」の掉尾を飾るにふさわしい名作だと思う。


(小説の中のメキシコ、完)



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

No title

無事完結おめでとうございます。今回は、ほぼ毎日記事を追いかけていましたが、
未読のメキシコ関連の本も多くて勉強になりました。
そして、今回なんといっても、怒涛のごとく更新される色鮮やかな画像の数々が、
目を楽しませてくれました。勢いにまかせた投稿かと思いきや、スイカつながりで
フリーダ・カーロの絶筆が紹介され、シリーズのテーマに思い至る場面もあり、
終盤までの投稿順の演出も見事でございました(^_^)
次回に向けて、しばらく英気を養ってくださいませ。お疲れ様でした。

おはようございます

いつもコメント、ありがとうございます。
いえいつも以上に優しいコメントをいただいて嬉しい限りです。

ヨナデンさんの端正なブログを見ると、いつも感嘆し感心し見習おうと思うのですが、実際にはいつもどおりのテンプレートを使い、毎日同じテーマを連ね、惰性と勢いだけで100本の記事を書くというような変わり映えのしないものになっている気がします。だいたい、ひとつのテーマで記事を重ねていくというのは、本人にしても最初のリストづくりの部分がいちばん面白くて、あとは途中で飽きてしまうというようなことになってしまいがちです。すこしその辺りを反省し、違ったスタイルを試みてみようとも思っているところでした。
また、時間があるときに、来ていただければ幸いです。
こちらも、うかがわせていただきます。




被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。