スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆604. 国立西洋美術館 (美術館の階段)

西美P1080481


迷わないと思う。日本でいちばん好きな美術館は?と訊かれたら、わたしにとっては西洋美術館がいちばんである。駅から近い。大作から小品まで、常設展が充実している(第2、第4土曜日なら無料だ)。おまけに建物はル・コルビュジエだ。そして美しい”階段”もある。これでどこに不足があるだろうか。



◎西美07


ル・コルビュジエによれば、建築において階段はとてもだいじな要素であるという。
別の階をつなぐ、或いは切り離す。
しかし、それだけではないらしい。ただ単に上ったり降りたりすればいいってものではない。階段の持つ機能でもっともたいせつなのは、”回遊性”だというのである。
だから、ひとつのフロアに二つの階段を付けたり、階段ではなくてスロープを多用したりする。

では、西洋美術館のこの階段は何か?一見して、それを昇ると突き当たってしまうような階段。
何処へも繋がらないような奇妙な階段! なんか好きだなぁ。

(国立西洋美術館、東京都台東区)




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。