スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆607. テイト・モダン (美術館の階段)

○TATE-M、LONDON 718


テイト・モダンの建物は、川沿いに立つ発電所のビルを改造したもので、2000年に旧テイト・ギャラリー(現在のテイト・ブリテン)の近現代美術作品をこちらに移すかたちで、新美術館としてスタートした。

ヘルツォーク&ド・ムーロンが設計したこの美術館では、発電機のあった巨大なタービン・ホールをそのままエントランスホールにして利用しているのだが、建物と同じ7階分に相当する高さと3,400平方メートルの面積があるこの巨大な空間を、そのままインスタレーションなどの作品展示に使用していることにまず驚かされる。



○TATE-M、LONDON 700


そして、七階建ての建物だけあって、内部にはさまざまな形の階段やスロープやエレベーターやエスカレーター等が散在していて楽しませてくれる。階段もエスカレーターもただのフロア移動のツールというだけではなくて、それぞれがまさに新しい美術館建築のモデルでありパフォーマンスであると主張しているように見える。

どっしりとした構えの建物に入ると、中は採光や間仕切りにガラス張りが多用されていて、まさにモダンでポップなイメージが強い。その落差に、ちょっと目が眩まされてしまったかもしれない。ここでは、なにやら見るもの見るものが眩くてまばゆくて仕方がないのである。

(テイト・モダン、ロンドン)



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

No title

このタービン・ホールで、オラファー・エリアソンの
夕日のインスタレーションをリアルで見たい!
このjacksbeansさんのホールの画像で初めて気づいた。
一瞬、高さが低いように感じたんだけど、
あれは、天井の鏡の効果で、14階相当に見えてるんだ!

おはようございます

ちょうど今も、テート・モダンでは、オラファー・エリアソンのイベントが開催中らしいですね。
こんどのは「Little Sun」というタイトルで、ネットの画像にある「太陽電池式のライト」は、オンラインショップで買えるそうで、ちょっとほしくなりました^^




被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。