スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆615. 京都国立近代美術館 (美術館の階段)

地下鉄を東山駅で降りて、疏水に沿って北へ歩く。マルセルの額縁は落ちていない。平安神宮の大鳥居が見えてくれば、左が国立近代美術館である。右には、”日本趣味ヲ基調トセル近世式建築”の京都市美術館があって、モダンな近代美術館の建物とは対照的な佇まい。
・・・鳥居を挟んで近代と現代建築が睨みあう姿はなかなかの趣きである、おっと正面には平安神宮の厳かな拝殿まで見える。これで美術館の建物に美しい”外階段”でもついていれば言うことはないのだが。



○京都国立近代美術館CIMG3395


外階段は無いが、内部には白く輝く美しい階段がある。
綴りにeの付くアンなら輝きの大階段とでも呼ぶかもしれない。近代美術館を正面から入ると、そこには吹き抜けの大きなエントランスホールがあって、ここから展示室のある三階までは、この大きな階段を昇っていかねばならないのである。えいやっと三階まで駆けあがったらそこには海ならぬギャラリー・スペースが待っているという仕掛け。この階段を昇る何十秒かの時間のあいだに、ぼくたちも美術鑑賞モードに切り替わる。



○京都国立近代美術館CIMG3393


そして槇文彦さん設計のこの美術館には、もうひとつ面白い”小階段”がある。
建物の隅に設けられたガラス張りの階段室には、障子を通したような柔らかい光が射しこんでいるのだが、ディテールも凝っていて、階段を昇るにつれ微妙にデザインが変わっていく。そして、四階まで昇り切ると、窓の外には朱色の大鳥居が見えてくるというおまけ。美術館に来たら、必ず外の景色も見なければならないという作法を教えてくれるのである。そういえば、春には一階ロビーから、疏水の桜を眺めることも出来るのだったなぁ。




にほんブログ村 美術ブログへ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。