スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

418. ブルックリン・フォリーズ/フリント船長がまだいい人だったころ

Brooklyn_Follies.jpg


オースターも年齢を重ね、物語の主人公もいよいよ「中高年」の男となってきた。
邦訳としては最新作の「ブルックリン・フォリーズ」(2005)の主人公のネイサンは、六十歳近くの男である。大病を患ったあと、退職し、離婚し、”静かに死ねる場所”を探すつもりで小さい頃住んでいたブルックリンの街に越してきたところである。ここから物語は始まっていく。
主たる登場人物は、ネイサンと、甥っこのトム、トムの雇い主で古書店を経営するハリーの三人である。

トム まだわかりませんね。あなたはホテル・イグジステンスという場所を思いついたわけだけど、それってどこにあるんです? 何のためにあるんです?
ハリー 何のため? べつに何のためでもないさ。それは隠れ家だったんだよ、心のなかで訪ねていける場さ。そういう話じゃなかったのかい? 逃避っていう。
(中略)
ハリー もしトムがあたしのホテル・イグジステンスを肯定してくれないなら、トムのホテル・イグジステンスの話を少し聞かせてもらいたいね。誰にだってあるんだから。同じ人間が二人といないように、それぞれみんなが違うホテル・イグジステンスを持ってる。(中略)
トム (長い沈黙。やがて、自分に語りかけるような小声で) 僕は新しい生き方をしたい、それだけです。世界を変えるのは無理でも、せめて自分を変えようと試みることはできる。でも一人ではやりたくないんです。ただでさえ一人でいすぎているし、自分のせいであれどうであれ、ネイサンの言うとおり今も落ち込んでいます。(中略) ハリー、僕のホテル・イグジステンスとは何かと、お訊ねですよね。よくわかりませんが、たぶん、他人と一緒に暮らすとか、このネズミの穴みたいな街を抜け出して自分が愛し敬う人たちと人生を共にするとか、そういうことなんだと思う。
ハリー コミューン。
トム いえ、コミューンじゃなくて、コミュニティです。その二つは違います。
(柴田元幸訳)


ある土曜の晩、この三人が料理店の奥でテーブルを囲んでいる。次の料理が来るのを待つあいだに交わされるとりとめのない会話は、ふと、”空想のエデン”についての話に行きあたる。ネイサンは、そんなもの『内なる逃避だよ。現実世界がもはや不可能になったときに人間が行く場所だよ』と言い捨てるが、ハリーと、トムは何やら言いたいことがあるようなのである。彼らなりの”楽園(エデン)”についてのイメージを話しつづける。
・・・ここでハリーとトムは、彼らの空想の楽園を『ホテル・イグジステンス』というイメージを借りて話しだすのである。


敷地の視察第一回。荷を解くとすぐ、私たちはスタンリーの名高き芝を見に外へ出る。何分かのあいだ、刻々変わっていく感覚の流れに私はひたすらさらされている。足元の柔らかな、よく手入れされた草の感触。アブがぶんぶん耳許を過ぎていく音。芝の匂い。スイカズラとライラックの茂みの匂い。家の縁にそって植えたあざやかな赤のチューリップ。空気が振動しはじめ、少しあとに、かすかなそよ風が私の顔を撫でていく。
三人の仲間と犬一匹とともに私はぶらぶら歩き、頭ではとんでもないことを考えている。(中略) 私はトムの夢を夢見ていて、その可能性に酔いしれている。六十エイカーの森。池。荒れたリンゴ園、うち捨てられた蜂の巣のコレクション、メープルシロップを作る森の小屋。そして、スタンリーの芝。美しい、切れ目のない芝生が、私たちの周りじゅうに、さらにその向こうに広がっている。
(柴田元幸訳)


後日、ネイサンとトムは、たまたま訪れた町で、ホテル・イグジステンスにもってこいの場所を見つけたような気がする。芝生、虫、草花、風、リンゴの木。そこにさまざまなイメージが重ねられる。
そしてその楽園には、”果樹園”のイメージも重ねられている。すぐにでも蜂は巣に戻り、シロップ作りが再開され、風は鈴なりのリンゴ園を吹きぬけていく、というような楽園復活のイメージが重ねられていく。もちろん、その空想の行きつくところは、いうまでもないのであるが。



When Captain Flint Was Still a Good Man


   クリスマスの夜、思いがけない人物からプレゼントとは縁のない男に靴下が渡される。
そこに、オレンジが入っていた。
この小説のいちばんの山場である。もちろんだからして、ここに詳しく書けないことが面映ゆい。

「踵にオレンジがはいってる」と言って、リチャードは声に出して笑った。「これは見とくべきだな」ジェイミーがカギを取りにいき、ドアを開けた。リチャードは長椅子に坐っていて、隣に赤いクリスマスの靴下の中身  ガムが数個、オレンジがひとつ、チョコレートバーが一本、缶入りピーナツが一缶  が広げられていた。
「それだけ?」と僕は尋ねた。「きみに靴下をあげるために来たってこと?」
(田中文 訳)


ついさきほど、オースターも年齢を重ねた、というようなことを書いた。
それに倣えば、ダイベックも歳を重ね、いよいよ彼の息子が作家として登場してきた、と書かねばならない。
「フリント船長がまだいい人だったころ」(2012)は、ニック・ダイベックのデビュー長編である。
初々しいようで巧みでもある。なによりも、引用した"オレンジ"の登場シーンは鮮烈!



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。