スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆622. E.T.A.ホフマン・ハウス (美術館の階段)

ドイツのバンベルクは、大学都市であり、大司教の都市であり、ビールの都であり、旧市街は1000年にわたる建築文化財がほぼ無傷のまま保存されている世界遺産の街である。しかし、小説ファンとしては、ドイツ・ロマン派の発展に重要な役割を演じた街であることを思い浮かべなくてはならない。と、そんなことがバンベルク駅のインフォメーションでもらったパンフには書いてあった筈。ということで”ホフマン”が暮らした街を見学に出かけたのである。


ホフマンハウス3

画像はバンベルク劇場(ホフマン・シアター)前のホフマン像である。この向い側にはホフマン・ハウス(当時の住居)があり、さらにはレストラン・ホフマンに至るまで、周りには彼の記念碑やミュージアムや足跡が一杯である。でも、かなしいことに、”階段”ということになると、あまり見どころが無い。


ホフマンハウス2

仕方がないので、ホフマン・ハウスの玄関の小さな階段に立つ少女の画像を、ちょっと加工してみた。 "少女がベルを押すと、家がすこし傾いてしまったの図" というわけではない。ご笑納のほど。


(E.T.A.ホフマン・ハウス、ドイツ,バンベルク)



にほんブログ村 美術ブログへ








関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。