スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆628. プラド美術館 (美術館の階段)

○Prado Escalera1


プラド美術館、館内は広大で収蔵品は無尽である。エル・グレコ、ベラスケス、そしてゴヤ、この三人の作品を見ているだけで日が暮れる。そうすると、ボスの快楽の園もムリーリョの聖母像も見ている時間が無いというようなことになる。途方に暮れてしまう。仕方がないので、BARにでもでかけるかということになる。わたしたちのスペイン旅行はそんなふうにして終わってしまうのである。



ゴヤ、Boys Picking Fruit  
(Goya、「Boys Picking Fruit」、1778)


上の画像は、宮廷画家になる前のゴヤが描いた「果物をとる少年たち」という絵。
プラドのコレクションの中でも、大好きな一枚である。
・・・一人の少年が、仲間の少年の背中を”階段代わり"(steps)に使って、木の上のフルーツを取っている。 なんと、”階段”と”フルーツ”が一枚の絵に含まれている! わたしのブログにはもってこいの作品なのでありました。



にほんブログ村 美術ブログへ





関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。