スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆629.駒井卓・静江記念館 (美術館の階段)

△ヴォーリズ0810、近江八幡吉田氏邸


ヴォーリズが遺してくれた建築作品の中では、”神戸女学院”の美しさが際立っていると思う。
それと比べると、今日の記事でふれるのは個人住宅であり、小さな作品である。その美しさも、どこか控えめである。しかし、この小さな建物の玄関と、そこに付けられたちいさな”階段”のたたずまいには、あっというまに魅せられた。そこに住み、そこに暮らし、そこで生きていく場所としての家。住宅の玄関というものは、かくあるべしと思うのだが、どうだろうか。



駒井家住宅7


上の画像は、滋賀近江八幡の「吉田氏邸」(1913)、
下の画像は、京都北白川の「駒井卓・静江記念館」(旧、駒井家住宅、1927)、
共に大正~昭和にかけての作品である。



にほんブログ村 美術ブログへ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。