スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆年間ベスト10 (2012年)

☆年間ベスト10; 
ちょっと息抜きに2012年のマイ・ベスト・ブックを選んでみようと思ったが、これがなかなか難しい。嬉しいことに昨年も愉しませてくれた本はいっぱいあったからである。
しかし、難しさの理由はそれだけではない。選ぶ範囲を"翻訳小説、新刊"と限定するとして、そもそもボラーニョとローレンス・ブロックとラファティを横並びにとらえようってのが乱暴であるし、さらに翻訳小説の場合"新刊"ってのが全く当てにならない指標なのだから困ったものだ。
例えば日本では2012年刊の「2666」は、2003年に亡くなったボラーニョの遺作であり、スペインでは2004年に出版されている。・・・これは紛れもない"新刊"だろうか?
とまれ、書きはじめた記事は書き上げなければならない。選択の基準は、ただただわたしを愉しませてくれた小説、ということにしておこうと思う。翻訳されるのが遅いとか、未訳の傑作がまだまだ残ってるぞだとか、ぐちゃぐちゃと言うまえに、まず、たのしませてくれた本と作家に感謝をささげなくちゃならない。これが読者の務めだと思うのである。どうもありがとう。


(A.翻訳小説、新刊)
ロベルト・ボラーニョ、2666
1. 南欧怪談三題(ランペドゥーザ、A・フランス、メリメ;西本晃二編訳)
2. ローレンス・ブロック、償いの報酬
3. ショーン・タン、アライバル
4. ル・カレ、われらが背きし者
5. マリオ・バルガス=リョサ、悪い娘の悪戯
6. ロバート・クーヴァー、老ピノッキオ、ヴェネツィアに帰る
7. トマス・ピンチョン、LAヴァイス
8. R・C・ウィルスン、連環宇宙(三部作、完結篇)
9. アントニオ・タブッキ、時は老いをいそぐ
10. ラファティ、昔には帰れない
(次点) チャイナ・ミエヴィル、都市と都市

(B.再刊等)
レーモン・クノー・コレクション (青い花/リモンの子供たち、他)
1. マチューリン、放浪者メルモス
2. コルタサル、遊戯の終り
3. オルハン・パムク、無垢の博物館
4. ギャリー・ソト、四月の野球
5. 山下明生・童話の島じま(1) 長新太の島



☆ベスト10についての感想は、次のとおり。
ベストブック3



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

はじめまして。

はじめまして。
私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

トップページ
http://www.dokusho-log.com/

こちらでメンバーたちのやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.dokusho-log.com/rc/

読書が好きな人同士、本の話題で盛り上がっています。
もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。

よろしくお願い致します。

こんにちは

こんにちは、
返信が遅れましたが、コメントありがとうございました。
いちど「読書ログ」を拝見させていただきます。




ありがとうございます

ご返信ありがとうございます。
ご都合のよろしい時に参加して頂けるととても嬉しく思います。
今後ともよろしくお願い致します。

Re: ありがとうございます

こちらこそ、よろしくお願いします。
被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。