スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

461. 大島弓子 バナナブレッドのプディング (フルーツ小説百選)

大島弓子



漫画喫茶に入る。
しばらくして気がつくのは、書棚に、"大島弓子"が無いことである。
いや、ようく見てみると、高野文子も、山岸涼子も、清水玲子も、無い。ああ・・・、
またしても慄然とする。

「ねえ 転入生 なぜいつも雰囲気が深刻なんです まるで世界がきょうでおしまいみたいに」
「きょうはあしたの前日だから・・・・・・
だからこわくてしかたないんですわ」
(「バナナブレッドのプディング」冒頭)


朝日ソノラマ版の『大島弓子選集』(全16巻)は、決して手放せないシリーズである。
作品はもちろん、羽良多平吉さんのてがけた装丁の美しいことときたら!
義理チョコマシーン製のブラックサンダーで汚れた指なんかでは、決してさわれない本なのである。

ともあれ「バナナブレッドのプディング」(1977-78)を読む。
テーマはいつものように"無垢"である。
だから甘いタイトルに惑わされていると痛い目にあうかもしれない。
こちとらそんなことは重々承知でい、と思っていたにもかかわらず、少々どこかを痛めてしまった。要注意!



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ





関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。