スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆634. ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム (美術館の階段)

○VA2791

クリックするとフルサイズの画像が見えます。
しかし、ピントが甘く、薄暗く、うまくこの雰囲気が伝わらないかもしれません。
せっかくの "モリス・ルーム"(The Green Dining Room) だというのに。

ロンドンのヴィクトリア&アルバート・ミュージアムに来たら、階段よりもなによりも、このウィリアム・モリスがデザインした緑の部屋が見たいと思っていました。
実際に部屋のなかに入ってみると、色調の違うグリーンの組み合わせと花や果実やさまざまな紋様に目が眩みそうになります。だからなのか部屋の照明が極端に暗いのは、というのはいつものくだんない感想にすぎませんが。


◎VA1

いやしかし、もちろん美しい階段もあるのです。
ほんとうならここに、大理石の主階段の画像をあげるべきでしょう。後にバッキンガム宮殿の設計にも参加したアストン・ウェッブによるもので、とても荘厳な階段なのです。
でも、わたしが魅かれたのは、こんな小さな階段の方でした。
なにか不思議な雰囲気を醸し出している、そんな気がしました。


◎VA842

こちらの階段も同じように不思議な調子のものです。
どこから、どこへと、繋がっていくものなのか?
それとも、そんなことは、V&A美術館が歩んできた長い時間の中では、たいした問題ではないのでしょうか。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。