スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

58.トウェイン アーサー王宮廷の・・・

「アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー」(1889)は、トウェインが19世紀末に書いたタイムスリップ小説である。
物語の山場では、アーサー王救出の為に駆けつけたラーンスロット卿(円卓の騎士の長!)が、なんと騎士たちを引き連れ自転車で登場するという、華やかな場面が用意されている。

しかし、奴らがロープの輪にした部分を王の首にかけるのを見た時、わたしのなかであらゆる力が解き放たれ、わたしは王を救出すべく躍りかかった・・・・そうする際、わたしは街道の彼方にちらっと目を走らせたのである・・・・ブラボー、彼らがやって来るではないか、馬上槍試合さながらに前屈の体勢で!・・・・鎧兜に身を包み腰に剣を差した五百名の騎士たちが自転車に乗って疾走して来るのだ!
(砂川宏一訳)


そしてさらに、この自転車が「ペニー・ファージング」型であるときたら!
まさに、感涙ものである。数あるトウェインの傑作の中でも、わたしはこの作品が大好きになった。
あまりに愉しいので、今夜は、ダニエル・カーター・ビアドの描いた「ペニー・ファージング」の挿絵を眺めながら、晩酌でもしようと思う。おっと、折しも満月の夜だ。

関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。