スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆636. 東京都美術館 (美術館の階段)

都美術館2
 (旧・美術館当時の階段、1975年)


上野公園の辺りに数あるミュージアムの中で、東京都美術館はやや影が薄いという感がぬぐえない。それはこの美術館が際立ったコレクションを持たないということを考えれば仕方がないことなのかもしれない。そもそも、大原美術館のように、そのコレクションの魅力ゆえに誰もから愛される幸せなミュージアムとは違うのである。
しかし、この美術館には大切な役割もあった。これまで、幾多の公募展会場として果たしてきた歴史を考えれば、影が薄いなどと軽口をきかれる謂れはないのである。あるいは、ここで行われてきた「天井桟敷」などの演劇公演を思い出してみるのもいいかもしれない。場所貸し型美術館にだって、いいことは一杯あるのである。


○都美術館3834


ところで、階段のはなしである。
現在の建物は、1975年に、前川國男の設計で新築されたものである。
旧館のような優美な大階段(設計、岡田信一郎)はなくなったものの、新館では違った意味で階段が重要な要素となった。風致地区の規制により、床面積をかせぐためには、建物の大半を地下にもぐらせる必要があったためである。結果として、上の画像のような光景が生まれた。でもやっぱり、旧館の大階段の方が美しかったなあという気がしないでもない。かなしいことに、ほんとうは写真でしかみたことがないのであるが。



○都美術館3840


久しぶりに都美術館をたずねてみると、なんと大きな改装がなされていた。
うれしいことに、こんなPOPな階段も誕生していたのである。
こんなやつ↑とか、こんなやつ↓



○都美術館3685


もちろん、階段の他に、エル・グレコ展もたっぷりと楽しんできました。




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ







関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。