473. オラシオ・キローガ ある人夫

キローガ(1878-1937は、ウルグアイ生まれの作家。
後にアルゼンチンに移り、主に、ミシオネス州という奥地の密林地帯を舞台に小説を書いた。物語には、毒蛇やネズミや蜜蜂や怪鳥や幽霊やヴァンパイアなどが登場し、これら前近代的な生き物や風習が残る土地で、すこぶる近代的な小説を書いた。また人間の死について繰り返し書き続け、後に"死の作家"などと呼ばれたりした。

ミシオネスでのある日の午後、ちょうど私が昼食を終えたとき、表門の鈴が鳴った。外に出てみると、片手に帽子を持ち、もう片方の手にスーツケースを下げた、若い男が立っていた。
気温は軽く四十度に達していて、訪問者の縮れ毛の上では、六十度にも感じられるのではないかと思われた。しかし、その若者には暑さに悩まされた様子がまったくなかった。門内に招き入れると、彼は直径五メートルあるマンダリンオレンジの樹冠を、物珍しそうに眺めながら、微笑を浮かべて歩いてきた。ついでに言っておくと、そのオレンジの木は、土地の人間にとって自慢の種であり、私自身の誇りでもあった。
(「ある人夫」冒頭、甕由己夫訳)


「ある人夫(ぺオン)」(1918)、邦訳は国書刊行会のキローガ短編集成『野生の蜜』に所収。
この作品でも、一人の男の死の物語が綴られている。
しかし、読後に浮かび上がってくるのは、同時に描かれていた彼の鮮やかな生の軌跡の方である。だとしたら、キローガが繰り返し描いた"死の物語"とは何だったのか?



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ







関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク