スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

500. デュマ=フィス 椿姫 (フルーツ小説百選)

Camélias


「椿姫」(1848)、
引用するのは、”私”が始めてマルグリットに紹介されて顔を合わす場面である。

友人は劇場の入り口のほうへ行きます。
「おい、そっちじゃないぜ。」
「ボンボンを買いに行くんだ。頼まれたんだよ。」
私たちはオペラ座の廊下にある菓子屋に入りました。
私はできるものならその店全部を買い切ってしまいたいと思いました。そして、袋に何を詰めさせたものかと思案していると、友人が注文しました。
「砂糖漬けの乾葡萄(ほしぶどう)を一斤。」
「それがお気に召すのかい。」
「ほかのボンボンは決して食べやしない。有名なものだよ。」
(中略)
桟敷へ入って行きますと、マルグリットは大声で笑っていました。
私は彼女に沈んでいてもらいたかったのです。
友人は私を紹介しました。マルグリットは私に軽く頭を下げると、
「ボンボンは?」
「ここにあるよ。」
ボンボンを受け取りながら彼女はじっと私の顔を見ました。私は眼を伏せてまっかになりました。
(吉村正一郎訳)


しかしどうしてこうもまあ恋した男っていうのは気弱なんだろうか。
ボンボンを齧りながらそんなことを考えた。


(heureux verger、完)



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ





関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。