スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆641. 京都国際マンガミュージアム

☆国際まんがミュージアム


京都国際マンガミュージアムは、2006年に開館した。
施設は廃校になった旧・龍池小学校の校舎を改修して利用している。
中に入って、小さく部屋割りされたギャラリーや研究室を見ていると、そして大きな壁のような書架の前に立つと、なんだかこちらも小学生に戻ったような気分がしないでもない。これで給食でも出ればなあ。(*写真は、クリックするとフルサイズの画像が開きます)




☆国際まんがミュージアム3435


しかし何よりもの魅力は、この陽の当たる階段やウッドデッキに坐って、のんびりと漫画が読めることである。それに尽きると思うのである。これで入場無料であればなあ。



手塚治虫、やけっぱちのマリア


もちろん入場料を払って、古い漫画をいくつか見てきました。
懐かしかったのは、手塚治虫さんの「やけっぱちのマリア」、
・・・手塚センセイの学園恋愛もの、どんなものかと読み出したら、見事なくらいのドタバタナンセンスコメディでありました。永井豪さんの「ハレンチ学園」を手塚センセイが書くとこうなるという感じか、なんて思うものの、それでもさすがに手塚漫画、底には人間世界に対する風刺の精神が流れています。ハチャメチャのようで違う、ちっとも世界を惑わせるところがないのでありました。




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。