スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆650. クンストハウス・ウィーン

◎P1020130


クンストハウス・ウィーンは、フンデルトヴァッサー(1928-2000)の作品の常設展示を目的として開設された美術館である。建物は古い家具工場を活用したものであるが、大きく作り変えられており、画像を見ればわかるように、独特の色づかい、非対称の窓、多用される曲線とモザイク柄、奇妙な形状の柱、等々、どこから見てもフンデルトヴァッサーの作品になっている。
(*クリックすると大きな画像が開きます)



◎P1020137


こちらは、エントランスの階段の画像。
ダイナミックなデザインの建物であることを考えると、この階段はずいぶん控えめであると、そんな気がしないではないが、心配は無用である。



gestaltung4_20130615161002.jpg

○クンストハウス09


心配は無用である。
建物内部に入ると、一階ホールから二階のギャラリースペースに続く、優美な螺旋階段を見ることができるからである。




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ






関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。