802. レオ・ペルッツ 夜毎に石の橋の下で

「芸術家小説」と呼ばれる作品は幾つもある。また、19世紀のフランス文学には「画家小説」が数十篇ほど存在するという指摘もある。
しかし、そんな大仰なものでなくても、小説のなかの一場面にひょいと画家が登場してきてあっというまにぼくらを魅了してしまうとか、そんな作品もある。あるいは、絵を描くのが画家とは限らないし、絵を描かない画家もいるよねとか、そんなことを思いながら”画家小説百選”というのを書いていこうかなと思っているのである。

「夜毎に石の橋の下で」(1951)は、枠物語の形式で展開する。
枠の中身は、16世紀から17世紀のプラハ。神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ二世にまつわるエピソードが、300年後(19世紀末~20世紀初)のプラハで語られる。
連作短編のように並んだ15の章で築きあげられた長編小説の中で、『画家ブラバンツィオ』は、第9章として登場する物語である。・・・さてこの画家の作品は、ヨーロッパでも類のない美術コレクションを築きあげたルドルフ二世のギャラリーに加えられたのかどうか。

かつてプラハに、ヴォイチェフとかアダルベルトとかいう名の、後の世に名がほとんど伝わることのなかった画家がいた。その姓はブラネベツだったが、シニョール・ブラバンツィオと呼ばれるとまんざらでもない顔をしたという。だが実のところ、画家というよりむしろ風来坊とか宿無しと呼ぶ方がふさわしい男だった。毎年かかさずボヘミアやオーストリアの片田舎、あるいは遠くハンガリーやロンバルディアをうろつくのが習いだったが、名匠のもとで仕事することはまれで、しかも長く居つくことはなかった。というのもこの男は絵画に独自の見識を持ち、人の指図に従うことをいさぎよしとしなかったからだ。(中略)
ある日何枚かの小品、走り描きの素描や下絵が、絵心を解する、あるいはそれをひけらかすものの手に渡った。中の一枚に、髭もじゃもじゃでやや畸形のカプチン僧が、略奪か物乞いかで手に入れたチーズの塊をうっとりと眺めている絵があったが、それが神聖ローマ帝国皇帝の目にとまった。
(垂野創一郎訳)


では、今回の記事に於ける「小説の中の画家」は誰か?
実は、それが、思いがけない展開に遭遇し、驚かされることになるのである。

もちろんタイトル通り、” 画家ブラバンツィオ”に焦点があたってはいるのだが、まるで楕円のようにもう一つの焦点が存在する。
そのもう一人の画家とは誰か? 
それがこの物語の読みどころなのである。
レオ・ペルッツの腕に唸らされること請け合い!



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ





関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク