スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆655. ソフィア王妃芸術センター

ソフィア王妃芸術センター


マドリードの“ソフィア王妃芸術センターの階段”については、語り尽くし難い。
新館と旧館の階段、建物の外部と内部の階段、旧館の正面に外付けされたエレベーターと階段の関係、或いはピカソが繰り返し書いた「梯子階段の上の母子像」について。興味深い問題が幾つもあるのである。


ソフィア新館02


ソフィア12


画像は、上から、①旧館正面の階段とガラス張りのエレベーター、②旧館と新館の間にある広場と彫刻、③新館の階段、である。
ジャン・ヌーヴェル設計の新館は2005年に完成した。赤い大屋根が美しいこの建物は、一番端のところに斜めに何層も重なった階段が設けられていて、そこで唐突に終わっている。それが妙に印象的なのである。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。