スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆658. 犬博物館

The Dog Museum4


ぼくにしてみれば、最近のペットブームなど全くの茶番だと言いたい。
だって有史以来、彼らはずっとぼくたちの最良の友だったから。
だから、世界中のいたるところに犬博物館があるということにも驚かない。
今更なんで驚いたりするの?って感じ。

しかし、しかしだよ。
幾ら無数の犬博物館があったとしても、The Dog Museum と呼ぶことができるのは、世界にひとつだけだ。
それは1991年にハリー・ラドクリフが作りあげたもので、たしか中東にあった筈、いやオーストリアだったか。

ともかくこれが出来たときは驚いた。
夢中になって眺めていたさ。
そう、食事も忘れるくらい。だいすきな月の骨を齧るのも忘れるくらい夢中になって。

おっと、今日のお喋りは、もうおしまい。
今から、散歩に連れてってもらう時間だからね。
ではBye-Bye、いやBow-Bow。




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

No title

ブログ村トーナメント、優勝おめでとうございます!

わたくし、動物はそう好きでもないので興味は割とないですが、
すごい博物館ありますね~~、知らなかった~(笑)
こういう、オモシロ情報は大好きです♪

Re: こんにちは

コメント、ありがとうございました。

「犬博物館」は、ジョナサン・キャロルの小説に出てくる架空のもので、わたしも一度は行きたい行きたいと思っている場所なんです。


被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。