★宮城県美術館  (美術館の階段)

○宮城県P1160655


宮城県美術館は、わたしにとっては、”洲之内コレクション”の美術館である。
日本の洋画家の作品の常設展示の場として、こんなに貴重で、かつ魅了させられるものはないと思う。洲之内の著書の『気まぐれ美術館』のシリーズで読んだ作品群が、ほとんどそのままここで見ることができる。
靉光(1907~1946)、海老原喜之助(1904~1970)、児島善三郎(1893~1962)、佐藤哲三(1910~1954)、鳥海青児(1902~1972)、長谷川利行(1891~1940)、長谷川りん二郎(1904~1988)、松本竣介(1912~1948)、村山槐多(1896~1919)、萬鉄五郎(1885~1927)、等々。なんて豪華なラインアップなんだろう。



○宮城県P1160645


だから、建築は二の次であった。あまり意識がなかった。
しかし、こうして何年か前の写真を探し出して並べてみると、建物もなかなか趣があるのである。
そして”階段”も魅力的であることに気がついた!特に、上の画像の、ガラスと煉瓦に囲まれた中庭はなにやら幻想的でもあり、すこぶる魅力的である。ようやく思い出したのである。

(宮城県美術館、仙台市)



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ





関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク