スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

822. ヘルマン・ヘッセ 湖畔のアトリエ (画家小説百選)

hesse、1919年頃



「湖畔のアトリエ」(1914、原題「Rosshalde」)は、ヘッセ中期の長編。
”悩める時代”の自画像、のような小説である。
・・・物語の主人公を画家に置き換えて、作家の苦悩が語られる。


022.jpg


「良い絵かきは実にたくさんいる。繊細微妙な感覚の人たちで、賢い繊細なつつましい老紳士が見るように世界をかく。しかし、生き生きした血気さかんな純潔な少年が見るようなふうにかく人はひとりもいない。そういう試みをしているものがいるとしても、たいていはまずい職人だ。(中略)
ぼくがまだかきたいと思っている絵の一つは、野草の花束なんだ。君は知っているに違いないが、ぼくの母は、そういう花束を作ることを心得ていた。あんなのはぼくは見たことがない。母はその点で天才だった。母は子どものようで、たいていいつも歌っていた。実に軽い歩き方で、大きなトビ色がかった麦わら帽子をかぶっていた。夢の中で見る母も、そういう格好をしていないときはない。母が好んでいたような野草の花束を、ぼくはいつか描いてみたい。マツムシ草とノコギリ草と小さいバラ色のヒルガオなどで、その間に数本の細い草と緑色のカラス麦の穂をはさむのだった。ぼくはそういう花束をいくつとなくうちへ持って帰った。だが、まだほんとうのはできない。あの完全なにおいが中にこもっていなければならない。(中略)
実際、ぼくはそういう野草の花束を半日考えていることが、よくあるよ。その絵がどんな絵にならねばならないかということは、ぼくにははっきりわかっている。・・・」
(高橋健二訳)


ヘッセ自身も、第一次世界大戦後、独学で絵を始めた。
生涯で、約3000枚の水彩画を遺している。その殆どは風景画である。
上の画像は、数少ない『自画像』(1919年頃)である。
悩める時代に於いて苦しみからの逃げ道として始めた絵は、しかしその後の作家にとって新たな情熱の対象になっていったという。「湖畔のアトリエ」を読むと、そうしたこころの動きが、すこうしわかるような気がするのである。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ





関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。