スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

64.ロアルド・ダール クロウドの犬

「クロウドの犬」(1953)は、短編集『あなたに似た人』に収録の一篇。
文庫本で約100頁ほど、短編にしては少し長いのは、4つのショートストーリーで構成されるオムニバスのような作品だからである。この構成がなんとも味わい深い。
オムニバスの最後の、ドッグレースで一儲けしようとする話に、奇妙な使い方をされる自転車が登場する。

私たちは、秘密の打ち合わせをはじめた。微に入り細に入る計画、最適の競走路、そして最後には、隔週ごとの土曜日、全部で八回、私の給油所をしめて、オクスフォードに、この替え犬をつれていったものだ。おかげさまで、給油にやってくる午後のお客さんを、私は全部失ってしまったのだ。競技所は、ヘディングリーの近くにあり、たくさんの金のやりとりされる場所だったが、目に見えるものといえば、競走路を区別する古い木標と紐の列や、のろまの野兎をひっぱる、あのさかさまになった自転車、それから、はるか遠くのスタートにある競争犬の囲いと発走器とが六つずつあるばかりだった。(田村隆一訳)


この「さかさまになった自転車」というやつをいちど見たいものである。
…ドッグレースには不可欠の道具。野兎操縦には、いちばんよく使われた機械だそうだ。機械といっても、手でペダルをまわして、後輪に繋いだ紐で兎をひっぱるという、ただそれだけの仕組みなんだけどね。

関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

No title

こんにちは。

私も丁度今、「あなたに似た人」のこの話を読んでいました。
セイヤーズの時といい、何だか嬉しいです。^^
コレットの「青い麦」も読みたくなりました!

こんばんは

こんばんは、
そうだったんですか。たしかに、なんだか嬉しい気分になるから不思議ですね^^


被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。