スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

833. ポール・オースター ムーン・パレス (画家小説百選)

MoonPalace.jpg


「ムーン・パレス」(1989)は、オースターの長編、第6作。
物語の舞台は、1960年代後半のニューヨーク。
大学を出たばかりの青年が辿る苦難と冒険を描く悲喜劇(?!)、である。
・・・いつものとおりオースターの綴る豊かな物語に浸っていると、もしかして見逃してしまうかもしれない。これは青春小説であると同時に、また、ひとつの芸術家小説でもあるのだと思う。

「あなたは重要な人物だったんですね」
「非常に重要な人物だった」(中略)
「ジュリアン・バーバーだったころは、何をなさっていたんです?」
「画家だった。偉大なるアメリカの画家だ。もしあのまま続けていたら、いまごろはあの時代最大の画家と言われておるだろうな」
(柴田元幸訳)


主人公の青年、マーコがようやく見つけた仕事は、トマス・エフィングという老人の家に住み込み彼のために本を読むことだった。そして、しぱらくすると、この老人が昔はジュリアン・バーバーという名前を持つ画家だったことがわかってくる。
そして、作中、バーバーと同時代の画家が、もうひとり登場してきて、物語の中で重要な役割を担う。
それがラルフ・ブレイクロック(1847-1919)であり、彼の「月光」という作品である。
実在したこの画家の絵を見ながら、この小説が語ろうとしていることと、絵が語りかけてくることを比べてみるのも面白いのかもしれない。そんなことを思わせられたりする。


Blakelock.jpg
(Ralph Albert Blakelock Moonlight (1885) , Brooklyn Museum)



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ




関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。