スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆672. Cat Museum/アーネスト・ヘミングウェイ博物館 (ミュージアムの階段)

Hemingway2.jpg
(Photo;This is a file from the Wikimedia Commons.)


先に、"犬博物館"の記事を書いた。(#658)
とすれば、"猫博物館" についても書かねばならないだろう。

そこで思い出したのが、このヘミングウェイ博物館である。
海峡からの光をいっぱいに浴びた南欧風の洋館の、階段の下のポーチの少し日陰になった場所に集まっていた猫たち! 猫好きで知られる作家がここに暮らしていた頃にも、こんなふうに、猫たちは闊歩し、逍遥し、また寝そべっていたのだろう。
今は、亡き作家の名を冠した博物館になっているこの場所こそ、"Cat Museum"の名にふさわしいのではないかと思う。

With the maid holding the umbrella over her, she walked along the gravel path until she was under their window. The table was there, washed bright green in the rain, but the cat was gone. She was suddenly disappointed. The maid looked up at her.

‘Ha perduto qualque cosa, Signora?’
‘There was a cat,’ said the American girl.
‘A cat?’
‘Si, il gatto.’
‘A cat?’ the maid laughed. ‘A cat in the rain?’
‘Yes, –’ she said, ‘under the table.’ Then, ‘Oh, I wanted it so much. I wanted a kitty.’

When she talked English the maid’s face tightened.
‘Come, Signora,’ she said. ‘We must get back inside. You will be wet.’
‘I suppose so,’ said the American girl.

(Ernest Hemingway – ‘Cat in the Rain’ 1925)


もちろん、作家の作品にも、猫たちは登場する。
中でも印象的なのは、上に引用した初期の短篇である。
アメリカ人の若い夫婦が、イタリア旅行に来たときの出来事を描いている。
妻が見つけて、そして見失った「雨のなかの猫」というのは、いったい何の象徴だったのだろうか?
いちど、それを、猫のほうに訊いてみたいと、わたしは思うのである。




にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。