スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

853. アーネスト・ヘミングウェイ 海流の中の島々 (画家小説百選)

Hemingway.jpg


「海流の中の島々」(1946-51年頃に執筆)は、ヘミングウェイ、晩年の長編。
第1部ビミニ、第2部キューバ、第3部洋上、という3部構成の形を取る。
作家の死後に出版された作品の一つであり、そのことから遺作であると呼ばれることもあるようだが、内容を見るとそんな呼び方ではとらえきれないほど壮大な物語が展開されようとしていたことがわかる。

 家は港と外海の境目、舌状に細く突き出た岬の天辺にあった。三度の大暴風に堪え、船のように堅牢な家だった。貿易風にたわんだココ椰子の木々が陰を投げかけ、海側から外に出ると、急な崖を降り、白砂を突っ切ってそのままメキシコ湾流の水に入る。湾流の水は、風の無い日に浜から見れば、普通は紺色。が、歩いて入って見ると、真っ白な粉を思わせる白砂の上に緑の光が映るだけで、大きな魚は浜に寄るずっと前から影となって見えるのだ。(中略)
 トマス・ハドソンという男がその家に住み、その家で仕事をしていた。ハドソンは優れた画家であり、年の大半をこの島で過す。この緯度で長く過せば、四季の変化はやはりよそなみに大事な出来事となり、島を愛するハドソンは、春夏秋冬をいっさい逃したくなかった。
(沼澤洽治訳)


・・・物語の主人公は、画家のトマス・ハドソン。
作品の中で描かれる彼の姿は、もちろん作家自身のそれである。
ではなぜ主人公は、小説家ではなくて、画家でなくてはならなかったのか?

その答えは、”作品の第1部を読む限りでは”、簡単であるように思える。
この第1部は、美しい家族の肖像を描いた章である。作家は、それが仮初ではあるにしても、この章ではともかく、幸せな家族の姿を描きかったのではないだろうか。
その為には、主人公は作家ではありえなかった。
主人公が画家であれば(小説家でさえなければ)、幸福な家族小説が書けると、そう見做したのではなかったか。





にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ





関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。