スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

855. アンデルセン 絵のない絵本 (画家小説百選)

© 2004 Lisbeth Zwerger
(Lisbeth Zwerger、「Thumbelina」)


アンデルセンの「絵のない絵本」(1839)、
久しぶりに読んでみて・・・、主人公の若者は"絵かき"だったなぁ、と気がついた。

月が、一人の青年に語りかける。
「これから自分が話す物語を絵にしてみなさい」と。
月が見てきた物語を、青年が書きとめるという形式で、33の掌編が紹介される。

童話というよりは、散文詩のような作品である。
美しくてみずみずしくて、少し哀しい。
そしてなにかシニカルな視点が底のほうに見え隠れする。
でもどうして青年はこの物語を絵にしなかったのだろう?

ある夕がたのこと、ぼくはなんだかとても悲しい気持ちになって、窓ぎわに立っていました。そして、窓をひらいて、そとを見ました。ああ、そのときのぼくのよろこびといったら!そこには、ぼくのよく知っている顔が見えたのですもの。あのまるい、なつかしい顔が、遠い故郷からの、だれよりも親しい友だちの顔が見えたのです。それは月でした。なつかしい昔ながらの月だったのです。(中略)ぼくは月にキスの手を投げました。すると、月はまっすぐにぼくの部屋のなかへさしこんできて、これからまい晩、そとに出たら、ちょっとぼくのところをのぞいてゆこうと、約束してくれました。
(大畑末吉訳)


2005年に、「アンデルセン生誕200年記念」のイベントが世界中で開催された。
上の画像は、そのイベント時に、リスベート・ツヴェルガーが書いたオフィシャル・ポスターの原画である。
この絵には、すっかり魅せられてしまいました。
「おやゆび姫」の絵だというのだが、そんなものではなくて、何かもっと妖しくてあやういものだと思う。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ


関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。