スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

862. 飯島耕一 小説平賀源内 (画家小説百選)

西洋婦人図
(平賀源内「西洋婦人図」,18世紀後半)


飯島耕一は、1953年、詩集『他人の空』を刊行、詩人として出発した。
自らを戦後詩の最終ランナーと称するが、詩以外の活動も多い。散文も書いた。
「小説平賀源内」(2002年)は、彼の"超現実主義小説、三部作"の一冊。
他の二冊は、「暗殺百美人」(96年)と、「六波羅カプリチョス」である。
いずれも詩人ならではの不思議な調子の小説で、すこぶる楽しませてくれる。

「小説平賀源内」は、平賀源内と秋田蘭画の小田野直武と曙山(佐竹義敦)の三人の人物に焦点を当て、彼らの「悲劇と謎にみちた」物語を描く。登場人物は、軽く時空を超え、作者も読者をも含めた彼我の意識が物語上で交わる。
そんな不思議な構造の小説だ。
しかし、難解ではない。時代の証言者として登場する司馬江漢(画家)や朋誠堂喜三二(黄表紙作者)が、読者に対して親切な解説役をつとめてくれるからだ。

「三宮のN美術館で、その日の朝の十一時ごろでしたか、あなたが描いたと伝えられる『西洋婦人像』を見ましたよ。(中略)ほかに、ぼくは『椿に文鳥図』・・・・・あの佐竹曙山の・・・・・とか、『蓮図』・・・・・小田野直武の絵にめぐり合いたいと考えていました」
「小田野直武・・・・・ふむ、小田野直武か・・・・・なつかしい名前をきみは吐いてくれたなぁ。小田野か・・・・・角舘の宿屋だった。まだ二十五になったところだといった。わたしは鉱山技師として、阿仁銅山の立て直しを求められていた。(中略)わたしは彼に、かなり熱心に長崎仕込みの洋画の陰影法を伝授した。そういうことがあった。その小田野が本藩の藩主佐竹義敦、号は曙山に、またその技法を伝えたのだ」
(「小説平賀源内」,19-20頁)


江漢や喜三二のおかげで、この悲劇と謎にみちた物語がすらりと読めた。
彼らのおかげで、本草学者であり、地質学者であり、蘭学者であり、医者であり、殖産事業家であり、戯作者であり、浄瑠璃作者であり、俳人であり、発明家であり、そしてそして蘭画家でもあった平賀源内という人物のことも、まんざら悪い奴でもないなと、感じることができたのであった。
以上、報告します。

    

にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。