スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆685. 江戸東京たてもの園/前川國男邸 (ミュージアムの階段)

前川邸CIMG4747


過日、江戸東京たてもの園(小金井市)を散歩してきた。
江戸から昭和初期までの日本家屋(町屋、商家など、30棟の復元建造物)がずらりと並ぶ光景は見事であるが、さて"階段"はということになると、特筆すべきものがあまりないのはどういうわけか。この時代の日本家屋において階段がどんな位置付けだったのかが気になるのだが、適当な資料も情報も見当たらない。例えば、隠し階段だとか、箱階段だとか、階段箪笥だとか、見たいものはいろいろあったのになあと、ひととおり嘆いてみたところで、今日の本題である。



前川邸CIMG4572

画像は、建築家、前川國男の自邸である。
1942年竣工、元は品川区上大崎にあったものが既に解体されていたが、96年に保存されていた部材を使いこの場所に復元された。・・・なんといっても、大きな切妻の屋根と、南側に広く開いた格子の窓が印象的である。そしてこの南側に面した部屋は、中に入ってみると、もっと魅力的なのである。

この南側に面した部屋は、主に居間として、一時は建築事務所の応接間としても使用されていたもので、通称「サロン」と呼ばれていたという。ロフトのような二階部を備えた吹き抜け構造の部屋は、全面に切った南側の窓からいっぱいに光が射し込んできて気持ちの良さったらない。戦時中の統制下に建てられたものとは思えないような開放感とモダンな感覚に驚かされる。そしてもちろん、端正な木の"階段"も備えているのだから言うことはない。


前川邸CIMG4728  前川邸CIMG4742

和洋折衷様式の快適さあふるる居間、ということで思い出したのは、ひとつは神戸の旧・ハンセル邸で (これも、建築家の自邸だ)、もうひとつはメトロポリタン美術館内に復元されたフランク・ロイド・ライトの別荘のリビングルームである。
前者は、かなり小振りの部屋ではあるが、それが居間としてはこれ以上ないくらいぴったりの空間サイズであると感じさせられた。後者は、すこぶる魅力的ではあるが、やはりアメリカの別荘サイズである。現代の日本・市民にとっては広すぎるよね。



にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ







関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。