スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

884. ブライアン・エヴンソン 都市のトラウブ (画家小説百選)

エヴンソン


「都市のトラウブ」は、奇妙な一篇である。わずか2-3頁の掌編であるが、こころをざわつかせることにかけては一品、極めて強烈な作品である。それはもう鳴り物入りで日本にも登場してきたエヴンソンのこと、どれほどのものか見極めてやるぞと意気込んでいたら、あっさりとそんな読者を飛び越えていった。
決して悔し紛れでいうのではないが、この「都市のトラウブ」という作品、余分な解釈はしないことだ。トラウブは画家なのか? 何を描いていたのか? どの世界のことなのか? 等々、全部余分である。そんなことは考えずに、ただ、強くこころをざわつかせられたことだけを確認したら、あとはそれも含めて忘れてしまうことだ。悪夢とはいわないが、奇怪な夢を見てしまうことになるだけだから。

 夕暮れ近く、トラウブが予期していたよりずっと前に、顔に著しい変化が現われた。鼻が剃刀の刃のようにどんどん切りたってきて、頬は窪み、皮膚はぴんと張りはじめた。トラウブはなおも横顔を描きつづけようとしたが、顔があまりの速さで変わっていくものだから、かりに捉えられるとしても、もう何段階か前のそれしか捉えられなかった。(中略)
顔たちはすさまじい迅速さでやって来てトラウブはめまいに襲われ、もはや紙も鉛筆も忘れてしまい、ただ眺めるばかりで、人類の膨大なシャッフルのなかにほとんど自分の姿を認めたのであった。
(柴田元幸訳)


ブライアン・エヴンソンの「都市のトラウブ」は、短編集『遁走状態』(原題Fugue State,2009)に所収の一篇。エヴンソンは、日本では初めての翻訳書である。しかし、既に短篇は幾つか訳されていたし、今回の出版についてもその"事前のアナウンス"はすごかった。曰く"幻想と覚醒が織りなす19の悪夢"、"ホラーもファンタジーも純文学も超える驚異の短篇集"、"ブライアン・エヴンソンほど強烈で、多産で、世界の終わりを見据えた書き手はほかにいない"、等々。
さらにまた、この作品集についてということではないが、毎日新聞には作家本人の自作小説についての紹介文(下記に引用)も載った。それはもう、これだけ情報があれば充分に充分である。あとはもう読むだけ。読んでたのしむだけだ。おまけに見つけてしまったのである。短編集の中には、"画家小説"まであった。

 人はどのように現実を見ているのか。私はこの問題に大変興味がある。何年も前、駐車場を歩いていて、遠くに一羽の鳥が見えた。それは奇妙な動き方をしていた。ちゃんと飛び立つ代わりに、滑るようにあちこちへ動いていたのだ。翼を痛めたのか、怪我(けが)でもしたのか。私は興味を惹かれて、そばへ寄ってみた。
 すぐそばまで寄ってみて、鳥だと思ったものは、風に舞う木の葉だとわかった。だが私は、真相がわかったあとでも、ある次元においてそれはさっきまで鳥だったのでありそれがなぜか木の葉になったのだ、と考えずにいられなかった。はじめに私が見た鳥はいまなお現実なのだ、と。
 私の小説は、木の葉の中に隠れた鳥を再発見すること、人が現実を見るその見方と現実の真のありようとのギャップを経験することが主題なのだと思いたい。私の小説の登場人物たちは、自分の周りの世界を理解しよう、不安定さを受け入れて生きようと苦闘している。つねにほんの少し手の届かないところにあるように思える世界を前にして、何とか生き抜こうとしている。その苦闘を、読者にも共有してほしい。私の書く物語を通して、現実を別の形で理解してほしい。
(エヴンソン「現実の見方と真とのギャップ」、柴田元幸訳;毎日新聞・東京夕刊、9/3/13 )





にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

ブログ村ランキング参加中、クリックしていただけると幸いです


関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。