スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 694. ルートヴィヒ美術館・ケルン (ミュージアムの階段)

Ludwig Museum
(Photo;This is a file from "Wikipedia" )


ルートヴィヒ美術館は、ケルンの大聖堂に隣接する場所で1976年に開設された。コレクションは、近現代美術品が中心である。ピカソの作品の収蔵点数では最大級の美術館の一つである。
と、そんな案内はここまでとして、わたしが紹介したいのは次の二点である。

一つは、美術館の建物である。
正確には、この金属屋根である。
ぜひとも "階段屋根" と呼びたいのだが、どうか。


RICHTER_1966_Ema-620x948.jpg
(Ger­hard Richter、Ema - Nude on a Stair­case, 1966)

二つめはルートヴィヒ美術館のコレクションから、「ドイツ最高峰の画家」と称されるゲルハルト・リヒターの作品、『エマ-階段の裸婦』(1966) である。
独自のフォト・ペインティングという手法で描かれた階段は、いや裸婦は、夢のなかから登場するポップ・スターのように眩しい。画面全体を"ぼかし"ているにもかかわらず、たしかに"まぶしい"のである。大聖堂を見ずともEMAは見るべしと、小さな声で申し述べておきたい。




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中、クリックしていただけると幸いです




関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。