スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

71.スティーヴ・エリクソン 彷徨う日々

「彷徨う日々」(1985)は、エリクソンのデビュー長編。最初にこんなものを書いてしまうと、そのあとが心配になるほどの魅力に溢れている。トマス・ピンチョンをして、このデビュー作は、「人をひきつける叙情性、天性の語り部としての鮮烈な想像力、現実の夜の側面を伝える稀有で輝かしい才能を兼ね備えている」とまで言わせただけのことはあるのである。

そもそも最初から複雑なレースだった。駅前をスタートし、サン・マルコ広場でゴールする。歩けば人の足で半時間の距離だった。この二カ所のあいだに、二十三ケ所のチェックポイントが街じゅうにあり、選手は少なくとも一度はそこを通らねばならなかった。レースの参加者はひとり残らず自転車のハンドルに割り当てられた記号と七十五までの数字のついたタッグをつけていた。おのおののチェックポイントで、選手はハンドルから一番上の番号をはぎ取り、自分のチームの箱の中に入れる。選手がどのようなルールを取ろうと構わなかった。どのようなコースを選ぶかは選手次第だったが、特定のチェックポイントに自分の番号タッグを四つ以上置くことも連続した番号タッグを置いていくこともいけなかった。さらにすべてのチェックポイントに少なくともひとつは番号タッグを置かねばならなかった。選手がチェックポイントに番号を残すたびに、そこに配置された審判によってその時刻が記入される。選手が自分の番号を順番通りにはがしたかどうかを確かめるためだ。最後の七十五番のタッグはサン・マルコ広場の箱に入れなければならなかった。こうした煩雑な手続きは、レース当日の朝までに、いっそう複雑なものになった。…(越川芳明訳)


基調は恋愛小説である。なのに「自転車」の部分だけを引用するのは気が引けるのであるが、少し我慢を願いたい。わたしがここで言いたいのは、…いったいこんなに複雑でわけのわからない自転車レースがほんとうに実在するのだろうか、ということである。当然ながら、このレースに参加した選手たちは、ほぼ全員が道に迷い行方不明となった。



関連記事
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

被災地の学生を応援しよう!
プロフィール

jacksbeans

Author:jacksbeans
ようこそ!
記事のカテゴリ区分は、
①自転車、②図書室、③青、④メキシコ、⑤フルーツ、⑥階段、⑦画家、⑧スープ、⑨音楽、⑩綠、です



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ村ランキング参加中、
クリックしていただけると幸いです。

カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
最新コメント
最新記事
PVアクセスランキング/海外文学
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。